HOME > 整備実績 >「トヨタ A90 GRスープラ」 ホーン取付け

ACHIEVEMENT

【実績紹介】「トヨタ A90 GRスープラ」 ホーン取付け

皆さまこんにちは。
大変な日々が続きますが、私たちに出来る最大限の対策を継続し、今般の新型コロナウイルスが1日も早く収束する事を願います。

さて、今回のご紹介は『Supra is Back!!』

ホーンの音色がいまひとつ・・という事で社外品に交換したいとのご依頼です。

できる限り配線の取り回しなど、目立たないようにきれいに取り付けたいと思います!

Supra is Back!
純正ホーンはフロント左下に取り付いていますので、まずはジャッキアップ

純正ホーンはフロント左下に取り付いていますので、まずはジャッキアップします。

ボンネットを開けると、フェンダー上部に元々切り込みが入っている

ボンネットを開けると、フェンダー上部に元々切り込みが入っていますね。

お持ち込み頂いたホーン。PIAAの2個タイプのもの

今回、お客様よりお持ち込み頂いたホーンはこちら!
PIAAの2個タイプのものです。

ナンバーが見えなくならないよう取り付け

ホーンはこの真下にあります。純正はシングル2本線です。PIAAのホーンはダブル。中間にリレーとヒューズをかまさないと最悪の場合、EPSに支障をきたす恐れがあります、との取説でのアナウンス。。

新規にきっちりとバッテリーからリレー、ヒューズを引く

ならば、適当なところから電源を取らずに、新規にきっちりとバッテリーからリレー、ヒューズを引き、安心して使用できるようにします。

エンジンルームの右側に、非常用のプラス電源がきてますのでそこから電源を取る事にしました

スープラのバッテリーはリヤゲートに付いていますので、そこから配線を長ーく持ってくるのはちょっと・・
そこで、エンジンルームの右側に非常用のプラス電源が搭載されているので、そこから電源を取る事にしました。

コルゲートチューブで配線を保護し、自然な感じになるよう這わせます

これはまだ作業途中です。コルゲートチューブで配線を保護し、自然な感じになるよう這わせます。

リレーを取り付けました。

リレーを取り付けました。黄色の四角いものです。

エンジンルーム左の側面に純正のアースポイントがあります。そこまで新規に配線を引き、抱き合わせてアースを取る事にしました

配線キットなどを利用し、知恵を出して作業します。

このスープラはフロント廻りがほとんどアルミ製でできてますので、きっちりと鉄部分を探してアースを取ります

今度はアースを取ります。このスープラはフロント廻りのほとんどがアルミ製なので、鉄部分を探してアースを取ります。

この線を新規に引きます。

エンジンルーム左の側面に純正のアースポイントがあります。そこまで新規の線を引き、抱き合わせてアースを取る事にしました。

エンジンルーム左の側面に純正のアースポイントがあります。そこまで新規の線を引き、抱き合わせてアースを取る事にしました。

いよいよ下側に配線を通し、ホーンを2個取付けます。

いよいよ下側に配線を通し、ホーンを2個取付けます。

純正の配線はカプラーで止まっていましたので、ギボシ端子にしておきます。

純正の配線はカプラーで止まっていましたので、ギボシ端子にしておきます。

配線をきれいに処理し、ホーンの作動を確認して完成です!

後は配線をきれいに処理し、ホーンの作動を確認して完成です!
エンジンルームを開けたとき、「後付け感」がないように心がけました。

トヨタ A90 GRスープラ 後ろ姿
A90 GRスープラを看板前にて。

平塚市よりお越しのN様、この度はご利用いただきまして誠にありがとうございました!

A90スープラ、街中でなかなかお目にかかれないので、すごく新鮮な気持ちになりました。

それでは今後ともカーテックJIN-CHUをどうぞよろしくお願いいたします。

PHOTO・TEXT/ S.ITOH

<<前の記事 | 整備実績 | 次の記事>>

お問い合せフォーム

PAGE TOP

カーテック神中 公式ツイッター(jinchu_car)はこちら

©️ CAR T.E.C.H JIN-CHU All Rights Reserved.